トップページ > あなたの歯の悩みは? > 親知らずが気になる

親知らずが気になる


回答

親知らずとは、第三大臼歯とよばれる歯で、歯並びの一番最後の部分に10代後半くらいから30歳位に生える場合の多い歯です。
誰にでもあるわけでなく、ない人もありますが、親知らずがある場合でも、顎の小さな現代人では生えるスペースがないため、変な方向に生えたり、顎骨の中に留まったままになっていたり、生えても十分なスペースがないため、中途半端な生え方でかえってむし歯の原因になったり、時にはその前の歯を障害する場合もあるので、何か気になることがある方は一度、受診をお勧めします。

当院ではお待ちの間や診療中に患者様がリラックスしていただけるようにAEAJ認定アロマテラピーアドバイザーが選んだアロマテラピーでお迎えしております。

ひばり歯科お問い合わせ