トップページ > あなたの歯の悩みは? > 歯のないところに歯をいれたい

歯のないところに歯をいれたい


回答

虫歯や歯周病で残念ながら、抜歯したり、歯の根っこだけが残っていたり「するだけで歯がない箇所がありますか。
その場所を長くほっておくと周辺の歯が寄ってきたり、倒れてきたりして、新しく歯をいれるにしても適切に対応できなる可能性が高くなるので、早めに対応する方がいいですね。
方法には、おおよそブリッジ、入れ歯、インプラントによる方法がありますが、それぞれ対応できる場合とできない場合、また利点・欠点があります。

種類 ブリッジ 入れ歯 インプラント
保険の適応 適応可能 適応可能 できない
利点
  • 違和感が少ない
  • 比較的すぐ治療できる
  • 保険使用である程度きれいなものができる。
  • 歯を削らずにすむ
  • 失った自分の歯にかなり近い。
  • 審美性が高い
欠点
  • いれるために両隣の健康な歯を削らなければならない。
  • ブリッジの下部に食べ物の残留物がたまりやすい。
  • 固定式でないため、がたつきがあったり、硬いものなどが食べにくかったりする。
  • 金属バネが見えてしまう場合がある。
  • 毎日の清掃は不便である。
  • 口腔内の手術をうけることが必要。
  • 治療費がかなりかかる。
  • 治療終了までかなりの時間がかかる。

当院ではお待ちの間や診療中に患者様がリラックスしていただけるようにAEAJ認定アロマテラピーアドバイザーが選んだアロマテラピーでお迎えしております。

ひばり歯科お問い合わせ