トップページ > よくある質問 > 受け口は早めの治療がいいと聞きました。なぜですか?

受け口は早めの治療がいいと聞きました。なぜですか?


受け口は下の歯が上の歯よりも前で咬んでいる状態です。
受け口はお子様の成長とともに治療が困難になる場合が多いのです。
受け口の状態のまま咬み続けると、自分の歯を傷つけたり、歯肉を傷つけて下がってしまったり、歯がグラグラになってしまうことがあります。
そのまま成長して、上下のあごのズレが大きい「骨格性の受け口」になると外科手術を併用した矯正治療でないと治せない可能性が大きくなります。
幼小児期でも、なるべく早く受診して相談されることをお勧めします。

当院ではお待ちの間や診療中に患者様がリラックスしていただけるようにAEAJ認定アロマテラピーアドバイザーが選んだアロマテラピーでお迎えしております。

ひばり歯科お問い合わせ