トップページ > お知らせ > ほっとかない方がいい咬み合わせのズレ

ほっとかない方がいい咬み合わせのズレ


成長期のお子様の奥歯が、正常に咬みあっていなかったた、顔(下あご)の成長方向にも影響を与えてしまった症例を紹介します。

画像にあるように、患者さんの左(画像では右側にあります。)奥歯が、頬の側に大きく傾斜して生えてしまったために、下の奥歯とすれ違ってしまっています。その結果、歯と歯が干渉しあって、下あごを患者さんの右側(画像では左側)に押し続けるので、下あごの真ん中の位置がずれてしまいました。ほっておくとさらに悪化して、顔面の非対称が固定されてしまうので、早速矯正治療を開始しました。矯正治療は歯並びのガタガタを治すだけではありません。成長のコントロールもするのです。もし、お子様に同様のことを見つけたら、早めに矯正歯科を受診することをお勧めします。

ほっとかない方がいい咬み合わせのズレ

当院ではお待ちの間や診療中に患者様がリラックスしていただけるようにAEAJ認定アロマテラピーアドバイザーが選んだアロマテラピーでお迎えしております。

ひばり歯科お問い合わせ