トップページ > お知らせ

お知らせ

「咬みにくくなった」「診療の説明がない」「事後報告で100万円請求された」などのトラブルが増えているそうです。日本臨床矯正歯科医師会が調査したところ2014年の1年間で転院相談した子ども(18歳未満)517人のうち56%が不適切な治療を受けていたという。

 他の具体的なトラブル内容としては

  • ブラケットを付けられた後、「必要だったから装置を付けた」と事後報告で、100万円請求された。
  • 適応ではない、無理な「急速拡大」をしている。
  • 一般歯科で「床矯正」をしていたが、まったく改善しなかった。
  • 12-18歳まで一般歯科に7年間通院した。最後に「歯並びの治療は終了したので、咬み合わせの治療は別の診療所に行くように。」と言われた。

 また、転院前の医院での治療に関する情報については、下図のように、矯正治療するなら必ず撮影する「セファロ」の撮影がなかったり、治療内容の十分な説明がなかったりする場合がありました。

 また、転院前の医院の歯科医師の勤務形態については、もう一枚の図のように一般歯科で矯正治療したケースや非常勤の矯正歯科医による矯正治療の場合が目立っています。一般歯科での矯正治療を否定するわけではありませんが、最低限の矯正歯科治療経験の担保になる学会認定医の取得や、納得のいく十分な検査結果、治療内容・料金の説明を聞いたうえで判断した方が良いと思われます。矯正治療を受けられる際の参考になさってください。

 

転院トラブル

前医院での診療に関する情報について

 

 

 転院 元画像 - コピー

 

 

 

 

 

FKOの効果 矯正と言うと、どうしても歯並びを整える歯にボタンをつけて、ワイヤーを通すマルチブラケット治療を思い浮かべると思いますが、子どもの頃は顎の成長のコントロールを行って、良好な顔貌を得ることが重要になります。なぜなら、大きくなって顎の形が決まってしまったあとでは、もうできませんので。そこで、今日はそういった成長期のコントロールの実際の効果をご覧いただきたいと思います。

4月21日のNHKあさイチ、ご覧になられた方はおいででしょうか?

子どもさんの矯正治療トラブルが増加中とのことです。

「今、具体的に何を治療しているのか、よくわからない。」

「先に勝手に装置を装着されて、あとで高額な治療費を請求された。」などです。

 

偶然、この放送前日に、当院Facebookに矯正治療についての考え方をアップしたばかりでしたので、びっくりしました。

私どもが学校歯科検診に行くと、お口のなかに装置の一部が残されていて、これは何をしているところかな?と聞くと「様子を見るから、一部残していると言っていました。何をしているのかはよく知りません。」とか、歯列不正を指摘すると「以前治療したのですが、ある日、治療はここまでですね。と言われて終わりました。」というようなことがあります。

これでは患者さんはうかばれませんね。

 あさイチでもお知らせされていましたが、矯正治療を受ける際は、最低限、以下の点にご注意ください。

1.頭部X線規格写真などの矯正治療に必要な検査資料をきちんと撮っているか?

2.それらの資料を根拠に、「診断」と「治療計画」がされ、きちんと説明されているか?

3.治療期間と費用の説明がきちんとされているか?

これらに加えて、当院では矯正検査を6か月毎に採取し、治療の進行度合いのチェックをしています。頭部X線規格写真を含む検査資料の一例の画像を掲載します。

 トラブル1用 トラブル2用大事なお子様の治療です。納得のいく説明をしてくれる、十分な治療経験をもつ日本矯正歯科学会の認定医以上の先生に治療をお願いすることがベターです。なお、当院は日本矯正歯科学会の認定医・指導医です。

進学、就職シーズンですね。新しい一歩を踏み出される方、おめでとうございます!
けれど、ずっと気になっていた歯並び。そのまま、心のどこかにひっかかってないですか?
当院では、人に気づかれないうちに歯並びをきれいにすることができるマウスピース型の矯正をお勧めしています。

進学後や就職後に人に気づかれずに歯並びの矯正

進学後や就職後に人に気づかれずに歯並びの矯正

進学後や就職後に人に気づかれずに歯並びの矯正

進学後や就職後に人に気づかれずに歯並びの矯正

進学後や就職後に人に気づかれずに歯並びの矯正

進学後や就職後だって、だんだんと歯並びが治っていくので、急激に印象を変えずに、最後にはごく自然な感じでキレイな歯並びを手に入れることができますよ。

キレイな歯並びを手にいれることができます!迷っておられる方は、是非、相談だけでもどうでしょうか?

成長期のお子様の奥歯が、正常に咬みあっていなかったた、顔(下あご)の成長方向にも影響を与えてしまった症例を紹介します。

画像にあるように、患者さんの左(画像では右側にあります。)奥歯が、頬の側に大きく傾斜して生えてしまったために、下の奥歯とすれ違ってしまっています。その結果、歯と歯が干渉しあって、下あごを患者さんの右側(画像では左側)に押し続けるので、下あごの真ん中の位置がずれてしまいました。ほっておくとさらに悪化して、顔面の非対称が固定されてしまうので、早速矯正治療を開始しました。矯正治療は歯並びのガタガタを治すだけではありません。成長のコントロールもするのです。もし、お子様に同様のことを見つけたら、早めに矯正歯科を受診することをお勧めします。

ほっとかない方がいい咬み合わせのズレ

当院では人生最高の日、ウェディングや、これからの婚活を迎えるあなたに最高の笑顔を獲得するお手伝いをしています。
些細なことでも、歯の色や、歯並びに気になっているところがあると笑顔に自信が持てませんよね。
当院では、ホワイトニングを始め、人に気づかれにくい歯列矯正、メタルを使用しないメタルフリー歯科治療による白い歯の修復など、豊富なメニューを取り揃えてお待ちしています。いつでも、ご相談は無料で受け付けておりますので、メールやお電話にてお問い合わせください。
素敵な笑顔への第一歩を踏み出しませんか?

スライド1

今日は、矯正治療に使うブラケットについて、セルフライゲーションブラケットの新しいものをご紹介します。当院のFacebookでも紹介していますが、セルフライゲーションというのはブラケットにワイヤーを固定するフタがついてるため、ワイヤーの滑りもいいので、痛みが少なく、治療の進みも少し早くできるので患者さんにとってはいい材料になります。いずれ患者さんへの使用状態もお知らせしたいとおもいます。self1

self2

self3

ご覧いただき、ありがとうございます。当院では、ホームページに連動して、Facebookのページでも歯科全般に関する面白い話題、役に立つ話題をお知らせしています。ホームページ右側下「Facebookページはこちら」からご覧ください。期間限定のキャンペーンのお知らせなども随時お知らせ致しますので、是非ご覧ください。また、スタッフ日記もこれから、少しずつ更新していきますので、こちらもご覧いただければうれしいです。

当院ではただいま、歯科衛生士・歯科助手を各1名ずつ、求人してます。歯科医師2名のもと、和気あいあいとしたスタッフさんたちと、一般歯科から矯正歯科まで興味をもって働いてみたいと考えている方、お電話にて当院までお問い合わせください。

9月までの診療時間と休診日の情報をトップページ下欄に掲載しましたので、ご覧下さい。学会、研修会などへの参加による臨時休診情報などは今後、このカレンダーにてご確認いただけます。どうぞよろしくお願いいたします。

当院ではお待ちの間や診療中に患者様がリラックスしていただけるようにAEAJ認定アロマテラピーアドバイザーが選んだアロマテラピーでお迎えしております。

ひばり歯科お問い合わせ